« おいらのBlog。 | トップページ | 自己改革。 »

2005/11/04

リーダーシップって。

どんな組織でもリーダーっていますよね。

肩書きが無くても、自然とリーダーとして認められているヒトもいると思います。

何か「オーラ」の様なモノすら感じてしまいます。

その雰囲気って何なんでしょう?

よく見ているといくつかポイントがあるように思います。

「責任から逃げない」
「決断までの時間が早く正確」
「トラブル発生時の対処が的確」
「チームの雰囲気をいろんな意味で作っている」
「冷静な判断と、熱意ある行動が同居している」

うーん、やはり「強い」ヒトなのでしょう。

前にも書いたかもしれない話ですが。

「上司とは、部下が仕事をしやすいように導いて、責任をとって、お金を取ってくるヒト」

と、後輩に言われたことがあります。

「なら、部下は上司の指示に的確に従い、積極的に問題を解決し、熱意と誠実さを持って働くヒトなのか?」

と反論しました。

最近その事をじっくり考えているときに、ある本に出会いました。

そこに書かれていたのは「良い上司とは、良い同僚であり、良い部下でもある」

なるほど。

前述した後輩の考えと、おいらの考えどちらも内包しています。

で、もっと簡単に考えました。

「上司、同僚、部下」は結局「ヒト」である。

上司であること。
同僚であること。
部下であること。

すべてはヒトなんですね。

いろんな本を読んで、今のおいらが至ったシンプルな答え。

「良いヒトであれ」

こどもの頃に、一番最初に習ったことに戻った気がします。

それを踏まえて、ビジネスマンとして求められていること。

「誠実、献身、責任感、人情、冷静、理性的、独創性、熱意、積極性」

上の条件を、バランスよくすべて満たすことは無理なのかもしれません。

でも、いくつかピックアップして方向を定めることは出来そうです。

そして、一つの解答が見つかった気がします。

「ヒトとして見事に生きること」

あれ?

・・・これこそ、難題ですね(^_^;)

でも、1mm、1cmでもいいから、一日、一日と、「ステキな自分」に近づいていこうと思います。

そうですね。

まず、「言い訳をしない、そして開き直らない」から始めてみます。

さて、どこまで出来るやら(^^;


本日のメモ:

脆弱な暗号化アルゴリズムが呼ぶ懸念 (ITmedia)
http://cgi.itmedia.co.jp/itp/103371/20051103/enterprise/articles/0511/02/news016.html

ぬぅ。
暗号化のアルゴリズムは本当に大事な問題です。
やはり、量子暗号しかないのか・・・

マルウェアもオープンソースの時代? ソースコードの手厚いサポートも (ITmedia)
http://cgi.itmedia.co.jp/itp/103371/20051103/enterprise/articles/0511/02/news015.html

・・・_| ̄|○
なんという・・・犯罪の相互扶助・・・

MS、11月の月例パッチを予告--「緊急」レベルのWindows脆弱性を修正へ (CNET JAPAN)
http://japan.cnet.com/news/sec/story/0,2000050480,20090172,00.htm

今回は少ないな。
ありがたい事だ(^^)

Google、著作権消滅書籍の全文検索スタート (ITmedia)
http://cgi.itmedia.co.jp/g/02_040b050111_/news/articles/0511/04/news006.html

ほうほうほう!!
これは、すばらしい機能ですね!

どんどんと発展させてもらいたいものですヾ(@⌒▽⌒@)ノ♪

Amazon、有料で書籍本文にアクセスできる新プログラム開発中 (ITmedia)
http://cgi.itmedia.co.jp/g/02_040b050211_/news/articles/0511/04/news007.html

これもいいですねー。
やはり、「知識」を与えてくれる書籍などには、その「対価」をちゃんと支払わないと。
逆に支払いさえすれば、ネットで検索しながらアクセスできる。

・・・便利だ。

Googleのデスクトップ検索ツールが正式版に (ITmedia)
http://cgi.itmedia.co.jp/g/02_040b050311_/news/articles/0511/04/news008.html

おいらの予言通りにはいかないな。
あんまり流行っていないや。

IE用の累積パッチで問題発生 (ITmedia)
http://cgi.itmedia.co.jp/g/02_040b051411_/enterprise/articles/0511/04/news013.html

ふむ。
特殊な状況でしか発生しないのかな?
8月の脆弱性パッチにも含まれていた問題だそうです。
おいらの周りでは発生していません。


本日の雑感:

ここ二週間ほどですが、生まれて初めて「ビジネス書」というものに接しました。
前は、難しそうで、退屈そうで、敬遠していたのですが、これがなかなか(^^;

面白いのです。

誰にでも読めるように分かり易く、色々なエッセンスが詰め込んであります。

おいらのBlogにも書いてあることが2,3はどの本にも入っています。

ただ、それらの本には20~30のすばらしい知識が入っていました。

本を書くようなヒトは違いますね。やっぱり、頭がいい!

いま、初めて知ったジャンル「ビジネス書」

結構はまってます(^^)

#ただ・・・自分で探した知識でない分、忘れるのも早そう・・・

本日の雑草:

部屋の中で育てているので、なんかいびつに生えています。

うーん、向きを変えるか。

05-11-04_23-14.jpg
ではでは本日はこの辺で。

|

« おいらのBlog。 | トップページ | 自己改革。 »

コメント

現在は、社長や部門のトップだけでなく、全員にそれぞれの場でリーダーシップが要求される時代です。若い人たちはそれを望んでいるように見えます。私の若い頃のようにのほほんとはいかなくなりました(笑)。若い時代に早く壁にぶつかることはよいですが、それでつぶれてしまう人がいるのは残念なことです。

投稿: 流風 | 2005/11/05 07:34

そうですね。乗り越えるべき障害が、壁じゃなくて泥沼だったりすることもあります。
特に、時代のスピード(ニーズの変化の速さ?)がさらに追い打ちをかけているように思います。

仕事だと、「仕事の出来るヒトに、仕事が集中する。」と言った感じでしょうか?
集中しすぎて潰れてしまうパターンもあるみたいです。
おいらは、のんびりのほほん派なので心配ありませんが(^^)

投稿: たぁ | 2005/11/05 10:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74607/6899582

この記事へのトラックバック一覧です: リーダーシップって。:

« おいらのBlog。 | トップページ | 自己改革。 »