« 皆さんお元気ですか? | トップページ | 明けました。おめでたいm(__)m ペコリ »

2005/12/27

教えるってこと。

前にも書きましたが、今年おいらは管理職予備軍のようなポジションに就きました。

そして、部下の様な形で、少人数のチームを一つまとめる事になりました。
経験の無いことなのも手伝って、問題、トラブルは、続出状態でした(^^;

その中でも一番苦い経験が有ります。

それは、ある若い社員の扱いについてです。
そのヒトは、おいらと行動戦略がまったくと言っていいほど反対のタイプでした。
その社員の対応に関しては、この半年間の間、本当に悩み、考え、足掻きました。

自分の「思い、考え、方針」を上手く伝えられずに、手も足も出なくなってしまった時期もあります。

その状態を打破できればと、沢山の本を読みました。
また、かなりの時間を費やして上手くやっていくための方法を考えました。

結果としては、見事に失敗しました。

そのヒトを変える事は、おいらにはできませんでした。

そして、無力感に打ちのめされました。
「あぁ・・・おいらってこの程度のニンゲンか。」と。

でも、おいらの行動を振り返ってみて気付いたんです。
この4月から12月の間に、おいらはものすごい速度で成長したように思います。

このBlogの中にも、生活戦略、教育、人生戦略について考えた事、行動してきた過程の中で思いついた事、また日常で気がついた事なんかを沢山書く事もできました。

今では、そのヒトに感謝しています。
あのヒトが居なかったら今のおいらはありませんから。

終わってしまった結果から見ると、今年の半年ちかくを掛けて行ってきたことは無駄だったかもしれません。
そのヒトを、自分のチームの中で活かす事ができませんでしたから。
管理する側のニンゲンとしてみれば、失敗です。

でも、「今後のチーム、これから出会うヒト、いまのお客様」からの「要求、思い、願い」なんかを、この経験が大きな網となってすくい上げる事ができるような気がします。
ヒトは本当にいろいろなことから学ぶ事があるという事を実感できた時間でした。

せっかく学ぶ方法を、学んだんです。

これからも、このペースで一歩、一歩すすんで行く事にします(^^)

本日のメモ:

iTunesとQuickTimeに脆弱性--悪質な「.mov」ファイルに注意 (CNET JAPAN)
http://japan.cnet.com/news/sec/story/0,2000050480,20093446,00.htm

へんなサイトでは、まず確認してから。
movファイルはしばらく開かないようにしよう。

マカフィーのウイルススキャンなどにセキュリティ・ホール (NIKKEI BP)
http://nikkeibp.jp/wcs/leaf/CID/onair/jp/flash_rss/418624

Σ( ̄□ ̄;)!!
セキュリティソフトが・・・

Microsoft、SUSの問題を修正 (ITmedia)
http://cgi.itmedia.co.jp/g/02_160c051911_/enterprise/articles/0512/22/news022.html

WSUSに移行したくても移行できないヒトもいるだろうなぁ。

MS、再起動ごとにOSをもとに戻すツールを誰でも使えるよう日本語化し無償公開 (窓の杜)
http://www.forest.impress.co.jp/article/2005/12/21/sharedtoolkit.html

これって、お子さんがいるご家庭でも便利かも。

シマンテックのウイルス対策製品に危険なセキュリティ・ホール (IT Pro)
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20051221/226589/

うぉ! Symantec様!!
あなたまでも!

スパイウエアをインストールさせる“スパイウエア検出サイト”が多数 (IT Pro)
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20051220/226496/

もう、このレベルになってくると普段から情報を追っかけているヒトでもやられそう。
やだやだ。

本日の雑感:

今だ頭痛が止みません。
うーん、まわりを見てもこのタイプの風邪はおいらだけだな。
移らなかったらいいけど・・・

みんな、移ったらゴメンm(__)m


ではでは本日はこの辺で。

|

« 皆さんお元気ですか? | トップページ | 明けました。おめでたいm(__)m ペコリ »

コメント

 たぁ様、こんにちは。
 どうしても合わない人は必ずいますし、何とかうまくやろうと努力してもうまくいかないときはいかないものですよね。
 私も子どもとの付き合いでもありますし、教職員同士の付き合いでもよくあります。
 特に教職員同士の付き合いで、タイプが正反対の人との付き合いは苦労します。
 私は「楽しみながら学ぶ。覚えるところはきちんと覚えさせる」考えです。しかし「物事のパターンをたたき込めばよい」や、「子どもの自主性に任せ、意欲的に活動させる。」など様々なパターンがあり、時にはけんかになります。
 考えが正反対な人ほど実は自分を成長させるものなのかもしれませんね。
 私も合わない先生と仕事をしていたときに一番苦労しましたが、一番勉強になりました。
 それにしてもやはり、たぁ様はご自分の「核」をしっかりとおもちですね。
 私だったら「どうしてうまくいかないのだ」と悶々とした日々を過ごし、マイナス思考の渦に巻き込まれていると思います。

 風邪の具合大丈夫ですか。今年の風邪もしつこいそうです。お大事にしてくださいね。
 それでは失礼いたします。

投稿: 中見盛 | 2005/12/28 06:53

中見盛さん

今回の件は、本当に勉強になりました(^_^;)
「ヒトを教えると言うことは、自分も学ぶこと」
今回は身に沁みて勉強になりました。

風邪は大分良くなりました。
北海道も寒いでしょうね(^^;
南国の阿波でこれだけ寒いのですから。

お体に気をつけて頑張ってください。
ではでは。

投稿: たぁ | 2005/12/28 13:25

内容と全然関係ないんだけど・・・・
明けましておめでとう^^
今年も宜しくお願いします^^
昨年は、ほんとうに出会えてよかったと思ってます。
今年もたくさん遊べるといいなって思ってるよ。
2006年がお互いのいい年になるようがんばろね^^

投稿: シンイー | 2006/01/01 06:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74607/7865783

この記事へのトラックバック一覧です: 教えるってこと。:

« 皆さんお元気ですか? | トップページ | 明けました。おめでたいm(__)m ペコリ »