« 適切なタイミング。 | トップページ | 新機軸 »

2006/01/28

得意なもの。

皆さん何か得意なものはありますか?

あまり器用じゃないおいらにも、得意なものがあります。

実は料理が好きで、自分でも結構得意だと思っています。 相方に食べさせても喜んでくれますし、家族も結構褒めてくれます。

でも、産まれたときから料理が得意だったわけじゃありません。

何かを作って、小さな頃に母親に褒められたことをおぼろげながら覚えています。多分、それが料理好きへのスタートなのでしょう。 

そんな風に、得意なモノの始まりって結構周りからの評価に依存していませんか?

数学が得意なヒトは、数学のテストでよい点をとった事が原因とか。

歌が得意なヒトは、小さなときに先生に褒められたとか。

逆に苦手なモノって、上手くできなかったから二回目のチャレンジをしなかったって事無いですか?

食わず嫌いなんて言葉もありますね。

イメージが先行して苦手だって信じている事です。

ヒトって、自分とか他人に関わらず、よい結果や評価を得られたことが動機になって、その能力を鍛えたって事があると思います。

「楽しかったから得意になった。」

案外単純な動機だったり原因だったり。

おいらにも不得意なモノが、得意なモノになった瞬間を感じた事があります。

小さな頃に体育とかが大嫌いでした。

身体も小さく、足も遅かった(^^;

でも、ある程度大きくなってから始めた武道で、スポーツに対するイメージがガラリと変わりました。

「あっ・・・おいらって、やってみれば結構できるかも!」

もう、毎日道場に行くのが楽しくて仕方ありませんでした。

それまでは、スポーツ全般に苦手な意識を持っていました。

劣等感もありました。

でも、一つ。武道を頑張ったんです。

それは、それからの人生を大きく左右するほどの出会いでした。

いまでも、その気持ちが残っているので、結構新しいことにチャレンジするのはあまり怖くありません。

「初めてのことをやって上手くできないのなんて当たりまえ。しばらく続けていれば上手くやれるさ。」

こんな開き直りがあるからです。

失敗を恐れず。 失敗を見つめて。 失敗をしない。

自分の弱いところ、強いところを素直に受け入れること。

それが、いろんなことを得意にする秘訣じゃないのかな、と思っています(^^)

本日のメモ:

スパイウエア作成容疑、男を逮捕 不正振り込み事件 (ASAHI COM)
http://www.asahi.com/national/update/0126/TKY200601260120.html

こんな記事を見ると、悲しくなります。

ネット上の文章力 (ACCELERATOR  9×9)
http://www3.hikarigaoka.jp/blog/102/archives/010082.html

うん、その通り。
って言うか文章上手だな。

Oracleパッチの早急な適用を――Gartnerが勧告 (ITmedia)
http://cgi.itmedia.co.jp/g/02_1a01060611_/news/articles/0601/26/news016.html

危ない穴は早急に埋めましょう(^^)


本日の雑感:

なんか・・・すっごい眠い。

あぁ・・・JRの中で落ちてしまいそう(;^_^A

(というか落ちてしまい、次の駅まで寝過ごした・・・:後日談)


ではでは本日はこの辺で。

|

« 適切なタイミング。 | トップページ | 新機軸 »

コメント

 たぁ様、こんにちは。
 「失敗を恐れない」できるようでなかなかできないことですよね。
 「初めてのことをやって上手くできないのなんて当たりまえ。しばらく続けていれば上手くやれるさ。」、そのように思えること自体、精神力が強いと思います。
 私は生まれもっての性格なんでしょうね、「失敗することが恐いから、成功することしかしない」というタイプですので、大変見習うことが多いです。
 特に教員は「失敗が許されない」仕事のひとつでもありますから、毎日緊張の連続です。
 帰ってきてひと仕事・・・(--)zzZ、起きたら日付変更線を超えていたなんてよくありますからね。
 いつもながら、たぁ様の考えには学ぶものが多いです。これからも学ばせてくださいね。
 それでは失礼いたします。

投稿: 中見盛 | 2006/01/28 14:25

中見盛さん、こんにちは。
確かに失敗を恐れないっていうのは難しいですね。
ちょっと書き方に問題があったかもしれません。

えーと、「失敗することを恐れる」というはヒトの本能ですし、慎重な姿勢を作ります。
「初めてのことをやって上手くできないのなんて当たりまえ。しばらく続けていれば上手くやれるさ。」
は、やろうとしたときに開き直りです(;^_^A
(Blogの内容の通り小心ものなので)

「失敗を恐れず。 失敗を見つめて。 失敗をしない。」

これは、もうちょっと捕捉してみます。
「失敗を恐れず」は、
「失敗を恐れることによって常に逃げの姿勢を維持しない。逃げるほど失敗は加速して追いかけてくる。」

「失敗を見つめて」は、
「周囲、自分の上手くできなかったことを素直に受け止めて、よかった点、悪かった点をしっかり把握する。」

「失敗をしない」は、
「怯えてにげると、余計に酷い目にあうので、前の失敗から学習し、考えられる失敗の芽をできる限り摘み取り、そして前に進む。」

文章って難しいですね。
慎重に考えて失敗しないための準備は大事です。
でも、前に進まないと何も起こらないのも事実。

結局はバランスなんでしょうね(^^)

いま個人的に新しいことをしたいと思っているので自分に対する鼓舞の意味で書いた記事です。

おいらは、ヘボいニンゲンなのでこうやって書いていかないと中々前に進まないので・・・

また、気の向いたときにごらんになっていただければ幸いです
m(__)m ペコリ

投稿: たぁ | 2006/01/29 14:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74607/8377068

この記事へのトラックバック一覧です: 得意なもの。:

« 適切なタイミング。 | トップページ | 新機軸 »